So-net無料ブログ作成
検索選択

山崎まさよし“Walkin' in my shoes” Tour 2009 福山 3.14 [山崎まさよし]

DSC02468.jpg
 日本海沿岸まで寒気が南下し,浜田自動車道では冬用タイヤ規制までが敷かれた3月14日。夏まで続く山崎まさよし「“Walkin' in my shoes” Tour 2009」の5本目は,バラの街,広島福山市での公演だ。
 昔でいう安芸の国で育った私にとって,備後・福山は同じ広島県といえど,なんとなく馴染みのない街だった。だが,うちの奥さんが青春時代を過ごした街ということで,グッと身近になった街である。「…なぁ」という,ゆる~い言葉づかいも,今では慣れた。親戚も結構住んでいたりするのだ。
 私の住む広島市近郊の町から福山市へは,山陽自動車道を使って約2時間。会場である「ふくやま芸術文化ホール(リーデンローズ)」に着くと,冬に戻ったかのような冷たい風が強く吹いていた。
 さっそく,ホールの搬入口へと向かいツアートラックを激写!今回,広島公演のある19日は平日で,開演時間ギリギリになりそうなので,ここ福山で思う存分撮っておくのだ。ロープがはってあったので,警備員さんに「入って(トラック)撮っていいですか?」と聞くと,ロープを上にあげて快く通してくれる。そして,まさやんは「とっくに(会場の)中に入っているよ」と教えてくれる。

DSC02462.jpg
 今回,ふくやまリーデンローズに初めて入ったが,ここはものすごく綺麗な会場である。実は広島厚生年金会館よりも座席数は多かったりする。大ホールの入口の先には,長い階段が伸びており,それこそ「シンデレラ」を実写映画化するときには,この階段で撮ればいいなんて思ってしまうほど立派な階段なのだ。
 今回の席は2階。最近はどうも席運がない。特にこのホールは1階が広いのか,2階のこの席はステージからえらく離れている。
 ステージ左側にはまさやん用と思われるマーシャルのギターアンプに赤のストラト,中央にゲンタさんのドラムセットやコンガ,右にキタローさんのいつものベース&アンプとコンパクトなエレピが置かれ,その後ろにはビルのような,廃墟のようなステージセットが組まれている。
 「ねぇ,みんな入るの遅くない?」と奥さん。確かにまだ,空席の方が目立っている。そして,客席を見ていて気がついたのだが,なんとなく年配の方が多い。それを奥さんに話すと,「うん,それに小学生くらいの子どもも結構いるよ」。こういう幅広い年齢層の客席というのは福山ならではかもしれない。
 さて,開演時間の午後6時を数分過ぎて,いよいよライヴのスタートである。ゆっくりと客電が落とされ,それを合図にステージ下手から登場した,まさやん,ゲンタさん,キタローさんの3人。ステージ中央でイスに腰掛けた状態で始められたのは,「あなたはだれですかぁ~ カレー温めますかぁ~」なんて歌詞が入る耳慣れないナンバー。なんとなくゆる~い始まり方だ。この短い曲から違う新曲が始まって,さらにそれが終わると,ミディアムテンポのまたまた新しい曲というオープニングだったように思うのだが,ライヴの途中まさやんは「最初に新曲2曲もやって…」なんて話していたので,2曲だったのかな? まぁ,2階席だったこともあるのだろうけど,まさやんのヴォーカルとエレキギターの音が安定していなくって,新曲がどんな曲かわからなかったというのが正直なところ。(笑)
 「どうも,山崎です。」というMCに続く3曲目(?)は,久しぶりの「Me&My Mind」。昔,「ドミノめぐり」ツアーのとき,この曲がセットリスト入りしたせいで,似たタイプの「根無し草ラプソディー」が演奏されず,「根無し草」大好きな私は,この曲を逆恨み(?)していたようなところもあったのだが,こうして久しぶりに聞くと,とてもいい感じだ。ゆったりとしたテンポが,福山の夜には相応しい感じさえする。
 4曲目は,これまた懐かしい「窮鼠猫を噛め」。新曲と懐かしくて意外な曲をバランスよく演奏するという,まさやん計算づくのセットリストか?
 ゆったり感の増した「Heart of Winter」。キタローさんのベースはリズム楽器というよりリードベースといっていいほどメロディー楽器な趣きである。まさやんの声は少し危うかったが,この直後からまさやんの声が段違いによくなる。
 バラの街・福山ということで,やたらとMCに「バラの花」を入れていたまさやんだったが,誰か(女性)に「それしかないんかぃ!」なんて突っ込まれる一幕も。
 「まさやん大好き!」の声の中,始まった「未完成」。
 曲が終わると,すばやくハーモニカホルダーをセットし,切ないハープのメロディーを聞かせる。そこに若干KYな「まさやん大好き!」という男性の声。笑い声が起こるが,気分を変えるようにまさやんはギターのハーモニクスを決め,再び,切ないハープのメロディーから,「振り向かない」へ。いいなぁ,いつ聞いても心が震える。ほんと,聞けてよかった。
 そして,8曲目は「Greeting Melody」。曲のエンディングで,ゲンタさんとキタローさんはステージを去り,まさやん一人がステージに残る。
 ここでスライドバーを使ってのブルース演奏をさらりと決める。そしてそのまま弾き語りで,これまた懐かしい「ただ ただ…」。これが圧巻! まさやんの歌絶好調! そしてその歌声に絡むブルージーなスライドギターがもう,めちゃくちゃカッコよかった。拍手もこの曲がいちばん長かったんじゃないかな?
 ここでピアノの前に座りMC。「年をとったらMC長くなるんでしょうか?」とか,「MCの仕込みはしていない」とか,「しっかり!」って言われて「しっかり言うな!」って客席に返したり。そして,エレピの弾き語りで「8月のクリスマス」。若干速いテンポだったが,歌は鳥肌が立つほど良かった。うちの奥さんは,この曲をいちばん喜んでいた。
 再び,3人揃って「5月の雨~」という歌詞が出てくる新曲。これは名曲。続く「アンジェラ」のイントロでは,キタローさんのエレピに,まさやんのヴァイオリン奏法による「哀しみの恋人達」風のフレーズが絡むドラマチックなヴァージョン。ギターソロのあと,キタローさんのベースの音が出なくなったが,まるで何事もなかったかのように曲に戻る姿はさすが百戦錬磨のプロフェッショナル。
 続くナンバーは,RCサクセション「雨上がりの夜空に」のイントロに似たかっこいいギターリフから始まる「春も嵐も」。CMで耳にする部分は歌謡曲的だったが,曲全体の印象はずいぶん違う。ロックだ!これは盛り上がる。
 そして「深海魚」に続いて,これまたかっこいいギターリフの新曲を披露。ギターソロの途中で最前列にいた小学生の男の子に,ギターを弾かせる一幕も。
 続くナンバーはおなじみ「ドミノ」。そして,すでに定番「晴男」。いつもの替え歌はなくて,「東京に生まれて阪神を愛してても」のまま。おとなしかった会場も,すこしずつ両手をあげて左右に振りはじめる。やっといつものまさやんライヴらしくなってきた。
 曲が終わると一瞬の間があって,ラストナンバー「真夜中のBoon Boon」がスタート。初めて生で聞く「だけど・・・涙が出ちゃう・・・男の子だもん」に爆笑。そして,「かっせー!」をみんなで叫ぶ。ハッピーなラストだな~なんて思っていると,ふと,新曲を含めて,ハッピーな感じの曲が多かったことに気がつく。まさやん,最近ハッピーなんだろうか?なんて勝手に想像する。
DSC02464.jpg
 アンコールは結構長~い手拍子のあと,本編のオープニングと同じ「カレー温めますか~」でスタート。そして,まさやんサザンジャンボ,ゲンタさんコンガ,キタローさんシンバル他打楽器という編成で「アレルギーの特効薬」。もちろん「What'd I say~ダンス天国」をインクルードして,コール&レスポンスもあり。続いて,ゲンタさんのブログによると,予定もリハもなく,そんなムードになったからやったという「セロリ」。この曲のあと,まさやんは,「客席の年齢層が広くて,落ち着いたすごくいい雰囲気で…」と嬉しそうに語っておりました。
 長いアンコールは「ステレオ~長男~Fat Mama」というメドレーから,「パンを焼く」へ。おなじみ早口言葉では,キタローさんマイクを持って最前列のお客さんに歌わせる(しゃべらせる?)なんてコトも!
 そして,キタローさんがベースを抱え,ゲンタさんがドラムセットにもどって始められたのは,「今までこんなに大切にしてくれてありがとう」という,おもちゃの心境を歌にしたという新曲の「ア・リ・ガ・ト」。「あの時の心で誰かを愛せるなら 大人になるのも悪いことじゃないやいあいあい…」というフレーズが耳に残って,これも好きな曲になりそうだ。
 演奏が終わり,バックステージに消えていく3人。まさやんは投げキッスなんかもしておりましたぞ。
 
 さて,次は19日の広島公演。ぜひともこの日の福山を上回るパフォーマンスを“魅せて”いただきたいものです。

SET LIST
01.新曲
02.新曲
03.Me&My Mind
04.窮鼠猫を噛め
05.Heart of Winter
06.未完成
07.振り向かない
08.Greeting Melody
09.ただ ただ…
10.8月のクリスマス
11.アンジェラ
12.春も嵐も
13.深海魚
14.新曲
15.ドミノ
16.晴男
17.真夜中のBoon Boon
ENCORE
18.新曲~アレルギーの特効薬
19.セロリ
20.ステレオ~長男~Fat Mama
21.パンを焼く
22.ア・リ・ガ・ト

山崎まさよし“Walkin' in my shoes” Tour 2009
ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール
2009年3月14日(土) 17:30開場 18:00開演
2階 5列 22番

DSC02456.jpg


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

きらら

こんばんは。
福山私も参加しました。
本当に暖かく、楽しいライブでしたね。その後の広島であのような事が起こるとは、想像だにしなかったわけですけれど。5月22日の振替公演、先日の広島には行ってないんですけれど、もし、チケットが手に入ったら行きたいなぁと思っております。

あの、違ってたら申し訳ないんですけど、私と友人もわりと早い時間到着し、ツアートラックを撮影したのですが、私達の後に撮られていたご夫婦がJiriさんと奥様ではないでしょうか?プロフィールの似顔絵が似てらっしゃるような・・・。会釈しましたが・・・。
ちがうかな・・・・ボソッ。
by きらら (2009-04-01 02:12) 

jiri

私たちの前におられたお二人ですね!
たぶん当たっているのではないかと思います。
あの後、ききららさんたちはぐるっと回られましたが、私たちは警備員さんに図々しくお願いをしたのです。
またお会いした時には声をかけてくださいね。

広島公演、あんまり大きな声ではいえませんが、2階席は半分以上空席でした。
当日券が発売されるなら十分入場できると思うのですが。
by jiri (2009-04-01 21:19) 

きらら

はい、そうなんですよ。シャイなので(ウソウソ)警備員さんにお願いできなくて、回ってしまいました。
空席多かったんですね。福山は満席に近かったですが。
平日だとやっぱり少ないですねぇ。
松山の公演は木曜日なので、やっぱり空席があるかなー。

by きらら (2009-04-05 15:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。