So-net無料ブログ作成
めんそーれ沖縄よじれ旅 ブログトップ

めんそーれ沖縄よじれ旅③「そして広島へ」 [めんそーれ沖縄よじれ旅]

Image5.gif
 

いよいよ最終日

 真夜中にふと、着替えもせずにベッドの上で寝ている自分に気づく。時計を見ると夜中の2時30分だ。身体が汗でべたべたしている感じがして、シャワーを浴びることにする。
 隣の部屋からはM父さんと近所のSさんの陽気な声がしている。宴はまだ続いているらしい。
 シャワーは少しぬるかったが、「そのうち温かくなるだろう」と、どんどん石鹸で身体を洗ったのだが、温かくなるどころか、どんどん冷たくなってくる。「いや、そのうち…」と、信じていたのだが、とうとうただの水となってしまった。「そうか、夜中はボイラーとまってるんだ」と気づいたのは、冷たい水で石鹸を洗い流したあとだった。いくら沖縄とはいえこれは寒い。風邪をひきそうな気がしたので、持ってきた服を目いっぱい着込んで、再びベッドにもぐりこむ。

 12月28日の朝は、この3日間で最もさわやかな朝となった。いよいよ今回の旅も最終日である。幸いなことに風邪はひいてないようだ。M父さんと近所のSさんはやはり2日酔いのようで、おてんとうさまの光がとってもまぶしそうだ。
 朝食が始まると、昨晩大活躍だった同級生Tちゃんが、みんなに冷やかされている。「結局、みんなとデュエットしたね」といって笑い、「近所のSさんなんか1mくらい離れとったよ」といって爆笑する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

めんそーれ沖縄よじれ旅②「サンパウロの丘」 [めんそーれ沖縄よじれ旅]

Image5.gif
サンパウロの丘

 N女史は知る人ぞ知る雨女である。何かあるときには、ご丁寧に必ず雨を降らせてくれる。昨日も降った。今日も予報では曇りのち雨となっている。
 沖縄2日目の今日は、まず国道58号線を北上し、県道16号から「サンパウロの丘」へと向かう。
 国道沿いに延々とつづくフェンスは、東洋一の規模といわれる嘉手納基地である。町の85%を占めているというこの基地をはじめ、多くの米軍用地が集中するこのあたりは、イヤでも「占領されているのだ」ということを我々に感じさせる。
 案内の人は昨日の人と違って少し無口だ。車に乗っているのは昨日と同じメンバー。昨晩同室だったO姉さんとN女史は、今朝5時まで語り明かしたそうで、思いっきり眠そうだ。
 ところで、F母さんと、前を行く車から無邪気に手を振っている同級生Tちゃんは『買い物魔』である。とにかくどこへ行ってもお土産を買っているのだ。今朝もホテルの土産物屋に入り浸っていた。ひょっとして今も「今日は何を買おうかしら…」などと考えているのだろうか。
 そうこうしているうちに到着。「サンパウロの丘」なんていう、たいそうな名前がついているが、県道沿いの、どこにでもあるような土手である。よって観光施設があるわけでもないが、フェンスの向こうは嘉手納基地で、戦闘機の発着やエンジン調整の様子を轟音とともに見ることができる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

めんそーれ沖縄よじれ旅①「雪の広島から南国沖縄へ」 [めんそーれ沖縄よじれ旅]

Image5.gif

雪の広島から南国沖縄へ

 ひこうきの機首が、なんとなく下がっているような気がして窓の外に目をやると同時に、飛行機は雲の中に入った。雲の上と違って雲の中はものすごくゆれる。まもなく着陸だ。
 大雪の広島から沖縄まで約1時間半。前日も、前々日も悪天候のために、このANA277便は欠航となっていたので、はっきりいって今日もダメだと思っていたのだが、3日続けて欠航はさせられないという意地もあったのか(あるわけないか…)、今日は雪の広島空港からなんとか飛び立ち、那覇空港上空までやってきた。
 沖縄の天気はあいにく曇りだったが、それでも上空から見る海はとてつもなく綺麗なエメラルドグリーンだ。
 機内にあるモニター画面に、目前に迫った那覇空港の滑走路が映し出される。滑走路がぐんぐん近づいてくると、さすがに緊張する。なれればそうでもないのだろうが、飛行機に乗ることなどめったにない私は、着陸と離陸の瞬間にはいつも息を止めて身構えてしまう。
 「ガタン!」という大きな衝撃とともに車輪が地面に着くと、すぐに強烈なブレーキがかかる。身体が前の方にもって行かれそうになるのをこらえていると、そのうちスピードが緩み、機内にもほっとした空気が流れる。
 那覇空港はシーズン・オフだからか、なんとなく寂しい雰囲気だ。N女史と「モスクワ空港がやっぱり寂しくってねー」「そうそう、私なんか泊まるところがなくて、あそこで一晩明かしたのよー」などと話しながら、預けた荷物を受け取りに行く。だがしかし、いくら待ってもN女史の荷物だけが出てこない。受け取り場所にわれわれのグループだけが(M父さんは気づかずにさっさと出ていってしまっていたが)ポツンと取り残されてしまった。係りの人に事情を話すと、ごそごそとどこからか、かばんを探し出してきてくれた。なんでも添乗員の荷物と一緒になっていたらしい。
 空港から外に出るとさすがに暖かい。やはり南国である。「わぁ~、やっぱり沖縄じゃね~」「ほんまにね~」と、広島弁まるだしの同級生TちゃんとF母さん。近所のSサンはさっそくビデオを回している。O姉さんについてきた娘のUちゃんは、さっそく「記念写真撮ろうよ!」なんていっている。
 今回の旅は、2泊3日で、シーズンオフの沖縄を満喫しようというものである。A師匠を含む9人は、お願いしていた2台の車に分乗し、まずは「ひめゆりの塔」へと向かった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
めんそーれ沖縄よじれ旅 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。